■プロフィール

mocchi

Author:mocchi
夏といえば。

カキ氷。

○○屋のソフトクリーム。

くいしんぼうは、季節を問わず。

■リンク
■ブログ内検索

■ご来訪 感謝

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フィッシュマンズ展に行ってきました。
チケット

11月26日土曜日。
渋谷にあるNANZUKA UNDERGROUNDで行われている、
『フィッシュマンズ展 ~ THE LONG SEASON REWIND ~』
に行ってきました。

会場は駅からとても近かったです。にもかかわらず、迷子になりました。
「あぁ、きっと今日はたどり着かない運命だったのよ…」
と半ばあきらめつつ、前日に見た地図を思い出しながら
うろうろしていたら、どうにかこうにかたどり着きました。

まだいってない方もいるとおもうので、続きは『more…』にて。


-----------------
さて。本題に入ります。

入り口に近づくと、中から大音量の『WALKING IN THE RHYTHM』が
聴こえてきました。

入場料は500円。それを払って、展示物を見ます。

左手に、ギターが2本とコルネット。そして、愛用の時計。
感慨深い。なんだかグーッと胸が締め付けられました。
悲しいのとはちょっと違うんだけど。表現しがたい感情。

左奥。欣ちゃん所蔵の写真たちが飾られていました。
PV撮影現場、ライブ直後、リハ風景、インタビュー現場などなど。
いろんな場面で撮られた写真が展示してありました。
あと、欣ちゃんからもメッセージも。

入り口正面。
さまざまなアーティストによる作品展示。
個人的には、姉川たくさんの「ナイトクルージング」が好きです。
刺しゅう、すごかった。

右奥。物販&映像コーナー。
キャップやCDなどがありました。

感想。
曲からのイメージを形にする。
それって、やっぱり感じ方の違いがあるから、私のなかのイメージと、
展示してある作品を比べてみるのがおもしろかったです。
『あぁ、なるほど。こういう風に感じたんだ。』
などという風に。

いろんな形に表現できるフィッシュマンズの曲。
改めて、そのパワーを感じました。

まとまりませんが。以上でレポ、終わりにします。

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽 | 17:37:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
うーむ、まだ行ってないんですよね。
どのくらいの時間で見てまわれますか?
仕事で渋谷に行くついでに(笑)寄ってみようかと思っているので。
2005-11-29 火 20:55:05 | URL | ダッピ [編集]
時間は
じーっくりみても、20分位でしょうか?すみません、時間の概念がなく見ていたもので、明確に返答できません…。
会場は、そんなに広くない(むしろ狭い)ところでした。
仕事の途中でも(笑)大丈夫かなって思います。


参考までに。『渋谷駅発、迷って迷って見て再び渋谷に戻る』コースで1時間くらいでしたよ。
2005-11-29 火 21:11:17 | URL | もちやっこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。